情報公開

保護者アンケート

コンテンツ準備中

苦情処理報告

柏保育園が提供する福祉サービスに関わる苦情への対応

社会福祉法第82条の規定により、本保育所では利用者からの苦情に適切に対応する体制を整えることといたしました。苦情等及びその解決については、個人情報に関するものや申込者が拒否した場合を除き、当ホームページに公表し、保育園の改善に努めます。

本保育所における苦情解決責任者及び苦情受付担当者を下記のとおり設置し、苦情解決に努めます。

苦情等の相談受付

苦情は、電話や書面または面接により苦情受付担当者が随時受け付けます。

または、第三者委員へ直接苦情を申し立てることもできます。

苦情受付の報告及び確認

苦情受付担当者が受け付けた苦情を、苦情解決責任者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。第三者委員は内容を確認し、苦情申し出人に対して、報告を受けた旨を通知します。

苦情解決のための話し合い

苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人は、第三者委員の助言や立会いを求めることができます。

なお、第三者委員の立ち合いによる話し合いは、次により行います。

ア.第三者委員による苦情内容の確認
イ.第三者委員による解決案の調整、助言
ウ.話し合いの結果や改善事項等の確認
※相談解決の結果(改善事項)は口頭もしくは文書で責任者よりご報告申し上げます。

山梨県運営適正化委員

※当園にて解決できない場合は、山梨県福祉協議会に設置された運営適正化委員会に申し立てることもできます。

山梨県福祉協議会 運営適正化委員会
住所 〒400-0005
山梨県甲府市北新1-2-12
連絡先

TEL :055-254-1820

FAX:055-254-1821

山梨県福祉協議会ホームページ http://www.y-fukushi.or.jp/

苦情解決結果

・平成26年度にいただいたご意見及びご要望(PDF)

・平成25年度にいただいたご意見及びご要望(PDF)

・平成24年度にいただいたご意見及びご要望(PDF)

・平成23年度にいただいたご意見及びご要望(PDF)

・平成22年度にいただいたご意見及びご要望(PDF)

※相談解決の結果(改善事項)は口頭もしくは文書で責任者よりご報告申し上げます。

・現況報告書(平成28年4月1日現在|PDF)

・決算報告書(平成28年3月31日現在|PDF)

・決算報告書(平成27年3月31日現在|PDF)

・決算報告書(平成26年3月31日現在|PDF)

PDFが開けない方はこちらのAdobe Readerをインストールしていただくとご覧いただけます。

PDFインストールはこちら

自己評価の公開

( 過去の自己評価 : 平成25年度 | 平成24年度 | 平成23年度 | 平成22年度 | 平成21年度 )

平成27年度 自己評価

【評価基準】
5.出来ている     4.ほぼ出来ている    3.出来ているがもっとやれば出来ると思う

2.あまり出来ていない     1.出来ていない

職場内の役割 ・ 園全体の中で望ましい姿

1.きちんとした対応が出来ている。(礼儀・言葉・挨拶・電話対応など)
2.時間や締め切りなど、約束が守れている。

《専門職として》

1.子ども一人ひとりの変化に気付けている。 5
2.子どもの言葉に耳を傾けている。 5
3.子どもに一人ひとりに丁寧に対応している。(一人ひとりの状態に応じた対応が出来る)
4.子ども達が意欲的に取り組める環境を用意したり、言葉をかけている。
5.行事の目的を理解し、積極的に関わろうとしている。
6.園の理念・保育方針を理解している。
7.自己管理が出来ている。(時間・体調など) 5
8.分からない事をそのままにせず、先輩等に聞き、学び、自分の力にしている。
9.相談した後の報告が出来ている。必要な連絡が出来ている。
10.保育園の中の1年の流れを理解している。
11.研修会等に積極的に参加し、様々な事を吸収しようとしている。 5
12.早朝・延長保育を通して、在籍している園児と関わりを持っている。
13.自分の仕事に責任を持って取り組んでいる。
14.コミュニケーション力を身につけ、他の保育者の保育技術を見て学び取り組む姿勢がある。
15.1日の終わりにはその日を振り返り、反省したり、課題にしたりしている。
16.常にメモ帳をもち、すぐにメモを取ることを習慣にしている。 4

職場内の役割 ・ 担当場所内での望ましい姿

《保育士として》

1.子ども達の成長、家庭環境を把握し、愛情をもって平等に接することが出来る。 5
2.クラスの年間、月間、週案、日案を学び、保育を実践している。
3.子どもとの信頼関係を築いている。
4.保育教材の作成、手遊び等の保育技能を充実させている。 4
5.子どもの発達段階を理解している。
6.衛生管理、病気の対応について理解を深められている。
7.複数担任のクラスの中で役割を理解して行動している。
8.担当行事や保育の準備は前日までに行っている。
9.指導計画を作成する際に、園の理念や保育過程を基にしている。
10.保育室やトイレ、保育室の回りなどの掃除はいつもきちんとおこなっている。
11.環境整備に気を配り、室内を使いやすいように片づけている。

《全体》

12.目標を持って保育に取り組んでいる。
13.自分を振り返る事が出来る。
14.担当内でのコミュニケーションを大切にしている。

保護者との関わり

1.保護者との積極的にコミュニケーションをとり、信頼関係を築いている。 5
2.保育園での子どもの様子を保護者に的確に伝えている。
3.個々の家庭の事情を理解し、守秘義務を守っている。
4.子どもの成長を喜びあい、共感している。
5.保護者からの質問、問い合わせに対して分からない事は確認してから正確に答えている。

地域支援

1.地域の方々に積極的に挨拶ができる。
2.公園の場所など地域環境を理解している。 5
3.自分の園の地域支援の取り組みを理解している。
4.地域支援・子育て支援の役割、重要性を認識している。 5

平成25年度 自己評価

【評価基準】
5.出来ている     4.ほぼ出来ている    3.出来ているがもっとやれば出来ると思う

2.あまり出来ていない     1.出来ていない

職場内の役割 ・ 園全体の中で望ましい姿

《社会人として》
1.きちんとした対応が出来ている。(礼儀・言葉・挨拶・電話対応など)
2.時間や締め切りなど、約束が守れている。
《専門職として》
1.子ども一人ひとりの変化に気付けている。
2.子どもの言葉に耳を傾けている。
3.子どもに一人ひとりに丁寧に対応している。(一人ひとりの状態に応じた対応が出来る)
4.子ども達が意欲的に取り組める環境を用意したり、言葉をかけている。
5.行事の目的を理解し、積極的に関わろうとしている。
6.園の理念・保育方針を理解している。
7.自己管理が出来ている。(時間・体調など)
8.分からない事をそのままにせず、先輩等に聞き、学び、自分の力にしている。
9.相談した後の報告が出来ている。必要な連絡が出来ている。
10.保育園の中の1年の流れを理解している。
11.研修会等に積極的に参加し、様々な事を吸収しようとしている。
12.早朝・延長保育を通して、在籍している園児と関わりを持っている。
13.自分の仕事に責任を持って取り組んでいる。
14.コミュニケーション力を身につけ、他の保育者の保育技術を見て学び取り組む姿勢がある。
15.1日の終わりにはその日を振り返り、反省したり、課題にしたりしている。
16.常にメモ帳をもち、すぐにメモを取ることを習慣にしている。

職場内の役割 ・ 担当場所内での望ましい姿

《保育士として》
1.子ども達の成長、家庭環境を把握し、愛情をもって平等に接することが出来る。
2.クラスの年間、月間、週案、日案を学び、保育を実践している。
3.子どもとの信頼関係を築いている。
4.保育教材の作成、手遊び等の保育技能を充実させている。
5.子どもの発達段階を理解している。
6.衛生管理、病気の対応について理解を深められている。
7.複数担任のクラスの中で役割を理解して行動している。
8.担当行事や保育の準備は前日までに行っている。
9.指導計画を作成する際に、園の理念や保育過程を基にしている。
10.保育室やトイレ、保育室の回りなどの掃除はいつもきちんとおこなっている。
11.環境整備に気を配り、室内を使いやすいように片づけている。
《全体》
12.目標を持って保育に取り組んでいる。
13.自分を振り返る事が出来る。
14.担当内でのコミュニケーションを大切にしている。

保護者との関わり

1.保護者との積極的にコミュニケーションをとり、信頼関係を築いている。
2.保育園での子どもの様子を保護者に的確に伝えている。
3.個々の家庭の事情を理解し、守秘義務を守っている。
4.子どもの成長を喜びあい、共感している。
5.保護者からの質問、問い合わせに対して分からない事は確認してから正確に答えている。

地域支援

1.地域の方々に積極的に挨拶ができる。
2.公園の場所など地域環境を理解している。
3.自分の園の地域支援の取り組みを理解している。
4.地域支援・子育て支援の役割、重要性を認識している。

【評価基準】
5.出来ている     4.ほぼ出来ている    3.出来ているがもっとやれば出来ると思う

2.あまり出来ていない     1.出来ていない

平成24年度

職場内の役割 ・ 園全体の中で望ましい姿

《社会人として》
1.きちんとした対応が出来ている。(礼儀・言葉・挨拶・電話対応など)
2.時間や締め切りなど、約束が守れている。
《専門職として》
1.子ども一人ひとりの変化に気付けている。
2.子どもの言葉に耳を傾けている。
3.子どもに一人ひとりに丁寧に対応している。(一人ひとりの状態に応じた対応が出来る)
4.子ども達が意欲的に取り組める環境を用意したり、言葉をかけている。
5.行事の目的を理解し、積極的に関わろうとしている。
6.園の理念・保育方針を理解している。
7.自己管理が出来ている。(時間・体調など)
8.分からない事をそのままにせず、先輩等に聞き、学び、自分の力にしている。
9.相談した後の報告が出来ている。必要な連絡が出来ている。
10.保育園の中の1年の流れを理解している。
11.研修会等に積極的に参加し、様々な事を吸収しようとしている。
12.早朝・延長保育を通して、在籍している園児と関わりを持っている
13.自分の仕事に責任を持って取り組んでいる。
14.コミュニケーション力を身につけ、他の保育者の保育技術を見て学び取り組む姿勢がある。
15.1日の終わりにはその日を振り返り、反省したり、課題にしたりしている。
16.常にメモ帳をもち、すぐにメモを取ることを習慣にしている。

職場内の役割 ・ 担当場所内での望ましい姿

《保育士として》
1.子ども達の成長、家庭環境を把握し愛情をもって平等に接することが出来る
2.クラスの年間、月間、週案、日案を学び、保育を実践している。
3.子どもとの信頼関係を築いている。
4.保育教材の作成、手遊び等の保育技能を充実させている。
5.子どもの発達段階を理解している。
6.衛生管理、病気の対応について理解を深められている。
7.複数担任のクラスの中で役割を理解して行動している。
8.担当行事や保育の準備は前日までに行っている。
9.指導計画を作成する際に、園の理念や保育過程を基にしている。
10.保育室やトイレ、保育室の回りなどの掃除はいつもきちんとおこなっている。
11.環境整備に気を配り、室内を使いやすいように片づけている。
《全体》
12.目標を持って保育に取り組んでいる。
13.自分を振り返る事が出来る。
14.担当内でのコミュニケーションを大切にしている。

保護者との関わり

1.保護者との積極艇にコミュニケーションをとり、信頼関係を築いている。
2.保育園での子どもの様子を保護者に的確に伝えている。
3.個々の家庭の事情を理解し、守秘義務を守っている。
4.子どもの成長を喜びあい、共感している。
5.保護者からの質問、問い合わせに対して分からない事は確認してから正確に答えている。
地域支援
1.地域の方々に積極的に挨拶ができる。
2.公園の場所など地域環境を理解している。
3.自分の園の地域支援の取り組みを理解している。
4.地域支援・子育て支援の役割、重要性を認識している。

平成23年度は、世界文化社の新保育所保育指針に基づく自己チェックリスト100を使ってそれぞれが自己評価を年2回行い、その最新の自己評価をまとめて平均値を出しました。評価点は5段階評価です。

【評価基準】
5.大変良い
4.よい
3.大体良いが更に良くできる(もう少し学べば深められる)
2.検討を要する
1.改善を要する

平成23年度

1.総則
(1)保育所保育指針の趣旨や必要な法令に関して理解している
(2)保育所保育指針が示す「保育所の役割」や保育の原理を理解し、保育を行っている
(3)1保育理念・目標を理解し、説明出来る
2.子どもの発達
(1)乳幼児期の発達の特性を理解し、保育している
(2)乳児の心身の発達段階を理解し、適切な援助をしたり、基本的な要求を受けとめ満足させることが出来る
(3)子どもの気持ちを理解し、信頼関係を築けるような保育を行っている
3.保育の内容
(1)保育の目標を達成する為に、ねらいや内容を具体的にたて保育を展開している
(2)子どもが日々を過ごすために安全な環境や適切な衛生状態を作ることができたり
一人ひとりの健康状態について把握し、異常に気づくことができる
(3)生活に必要な基本的生活習慣や態度を身につけさせたり、運動遊びを充実させ
やり遂げた喜びや自信が持てるような配慮ができる
(4)人とのかかわりの中で、ルールを守って活動する心地よさや自分の意思を主張したり、
相手の意見を受け入れたりしながら、人はかけがえのない存在である事に気付かせる保育ができる
(5)自然に関わる事により生命の尊さ、自然の不思議や偉大さに気付かせたり自然を
大切にする気持ちを育てる事が出来る
(6)人の話しを聞き、必要な会話を身に付けさせたり、絵本や物語に親しみ言葉の面白さや
美しさに気付かせることができる
(7)表現活動を通して感動や発見ができる状況を作ったり、歌ったり踊ったり楽器を弾く楽しさを
味わう機会を作るようにしている
(8)職員の連携体制の下に、気になる子や障害を持つ子の特性を理解したり、親の思いを
受け止めて援助したりしている
4.保育の計画及び評価
(1)計画をたて予測することによる実践を経て評価し、次の計画へという流れを基本において
柔軟な計画が作成できる
(2)保育内容を評価・反省し、課題を見出すことができる
5.健康及び安全
(1)保育所を取り巻く環境及び一人ひとりの子ども達の状況を把握し、臨機応変に対応しつつ
子どもへの適切な指導ができる
(2)子どもの事故予防及び救急・救命処置が出来る
(3)基本的なアレルギーの種類や特質について理解し、アレルギーの子どもの援助ができる
(4)体と食物の関係・栄養について基礎知識を持ち、無理なく好き嫌いをなくす援助や食べ物への
興味を持たせたり、食事のマナーを伝えられる
6.保護者に対する支援
(1)保護者との信頼関係があり、アドバイスをしたり口頭や文章で正確に伝達できる
(2)虐待について早期発見に努め、問題解決の為の手立てを講じたり関係機関との連携を図り
有効な対応ができる
(3)保護者の人権・プライバシー守秘義務について理解でき、保護者への簡単なカウンセリングや
子育てのアドバイスができる
(4)自園の子育て事業の理解・説明ができ、地域の子育て支援のニーズを把握している
7.職員の資質向上
(1)社会人として一般常識をもち、身だしなみ等に注意し来客対応ができたり、自己の健康管理ができる
(2)保育士と言う職種を意識し、園の信用をなくす行為・発言をしない
(3)公平に人の話を聞いたりしたりし、正確に伝達できる
(4)自分の職務に積極的に取り組んだり、担当以外の業務にも進んで取り組むことができ、
自己研鑽を積むことができる
(5)職員間での協調性・信頼感があり、後輩に適切な助言や的確なフォローができる
(6)他人の心情・立場を理解し、物事を判断し援助できる

柏保育園では、社会福祉法及び社会福祉法人定款準則に定められた「福祉サービスの質の向上」を図るために以下のように自己評価を行っており、また同法等に定められた経営の透明性を確保する一環として当情報を公開いたします。

平成22年度

こどものために
  • こどもの人権への配慮
  • 一人一人に応じた関わり(基本的な生活習慣・生理現象・性格の違いへの配慮等)
  • 発達過程・発達課題をふまえた保育・発達の連続性への配慮等
  • 子どもの発達をとらえる視点(評価の視点)の明確化
  • すべての園児への関心・関わり
  • 子どもに関する記録とその管理
  • 子どもに関する情報の共有
  • 子どものプライバシー保護
  • 保育者としての成長・自らの保育の質の向上に向けた取組(子どもを取り巻く社会情勢の把握・子どものモデルになることへの努力・自分らしい保育の模索・保育技術の向上・教材研究等)
  • 適切な指導計画の作成・評価・改善(多様な経験・静的・動的活動のバランス、季節感への配慮等)
  • 子どもへの長い・ねらいの自覚とその実現への取組
  • ゆとりある保育、スムーズな保育展開のための先を見通した行動
  • 安心感、信頼感、くつろぎをもてるような環境構成・受容的・応答的関わり
  • 子どもの自発性・アイディア・興味関心を大切にした関わり・環境構成
  • 保育内容「健康」に関わる取組
  • 保育内容「人間関係」に関わる取組
  • 保育内容「環境」に関わる取組
  • 保育内容「言葉」に関わる取組
  • 保育内容「表現」に関わる取組
  • 性差に関する固定的概念を受け付けない配慮
  • 乳児保育への取組
  • 長時間保育への取組
  • 気になる子の保育への取組
  • 障害児保育(統合保育)への取組
  • 他の関係機関(小学校、転園先、福祉事務所、児童相談所、保健所、病院等)との連携
  • 健康管理・感染症等への対策
  • 食育・食事をよりよいものにするための取組
  • アレルギーへの対応
  • 安全な環境づくり
  • 衛生的な環境づくり
保護者のために
  • 相互理解を深め、保護者に安心感・信頼感をもってもらえるような情報提供(お便り・掲示・webアルバム・連絡帳・送迎時の伝達等を通した保育理念・基本方針・年間事業計画・保育の様子・子どもの様子に関する情報提供等)
  • 保護者の思い・ニーズの把握・対応(保護者が話やすい・要望を伝えやすい雰囲気等)
  • 子育ての協働・子育てに関わる助言(基本的生活習慣・アレルギー・発達障害等に関わる連携等)
  • 保護者関連行事(保育参観・保育参加・個別面談・懇談会等)への取組
  • 入園・卒園・転園時の配慮
  • 虐待に関わる取組
  • 情報交換内容の記録・管理・職員間の共有
  • 保護者のプライバシー保護
  • 地域への子育て支援への取組(一時預かり・子育てサークル支援等)
  • 自らの保護者支援の質の向上に向けた取組
組織の一員として
  • 園の保育理念、基本方針の理解
  • 園の一職員としての自覚
  • 保育所に関わる法令等の理解
  • 年間事業計画づくりへの積極的参加
  • 規定・マニュアル等の整備・それらに即した実践
  • 財政面への関心と協力的姿勢
  • 中長期的な計画への関心
  • 適切な業務実施と効率化(計画的実施・期限の遵守等)
  • 自分の役割の自覚と責任ある主体的判断・積極的取組
  • 園長・主任の役割・責任の理解と園長・主任への協力的姿勢
  • 職員間の連携・助け合い(報告・連絡・相談、役割分担、全体をみる視野、後輩の指導・育成等)
  • ワークライフバランス・職場の良好な人間関係(心身の健康維持・心のゆとり)のための取組
  • 研修に関する園の基本方針・計画の理解と研修への積極的参加
  • 園の自己評価・改善への取組に対する積極的参加・発言
  • 実習生の育成(ボランティアへの対応)への積極的取組
  • 地域住民のニーズへの関心
  • 基本的礼儀作法(来客者への対応)の習得

柏保育園では、社会福祉法及び社会福祉法人定款準則に定められた「福祉サービスの質の向上」を図るために以下のように自己評価を行っており、また同法等に定められた経営の透明性を確保する一環として当情報を公開いたします。

平成21年度

こどものために
  • こどもの人権への配慮
  • 一人一人に応じた関わり(基本的な生活習慣・生理現象・性格の違いへの配慮等)
  • 発達過程・発達課題をふまえた保育・発達の連続性への配慮等
  • 子どもの発達をとらえる視点(評価の視点)の明確化
  • すべての園児への関心・関わり
  • 子どもに関する記録とその管理
  • 子どもに関する情報の共有
  • 子どものプライバシー保護
  • 保育者としての成長・自らの保育の質の向上に向けた取組(子どもを取り巻く社会情勢の把握・子どものモデルになることへの努力・自分らしい保育の模索・保育技術の向上・教材研究等)
  • 適切な指導計画の作成・評価・改善(多様な経験・静的・動的活動のバランス、季節感への配慮等)
  • 子どもへの長い・ねらいの自覚とその実現への取組
  • ゆとりある保育、スムーズな保育展開のための先を見通した行動
  • 安心感、信頼感、くつろぎをもてるような環境構成・受容的・応答的関わり
  • 子どもの自発性・アイディア・興味関心を大切にした関わり・環境構成
  • 保育内容「健康」に関わる取組
  • 保育内容「人間関係」に関わる取組
  • 保育内容「環境」に関わる取組
  • 保育内容「言葉」に関わる取組
  • 保育内容「表現」に関わる取組
  • 性差に関する固定的概念を受け付けない配慮
  • 乳児保育への取組
  • 長時間保育への取組
  • 気になる子の保育への取組
  • 障害児保育(統合保育)への取組
  • 他の関係機関(小学校、転園先、福祉事務所、児童相談所、保健所、病院等)との連携
  • 健康管理・感染症等への対策
  • 食育・食事をよりよいものにするための取組
  • アレルギーへの対応
  • 安全な環境づくり
  • 衛生的な環境づくり
保護者のために
  • 相互理解を深め、保護者に安心感・信頼感をもってもらえるような情報提供(お便り・掲示・webアルバム・連絡帳・送迎時の伝達等を通した保育理念・基本方針・年間事業計画・保育の様子・子どもの様子に関する情報提供等)
  • 保護者の思い・ニーズの把握・対応(保護者が話やすい・要望を伝えやすい雰囲気等)
  • 子育ての協働・子育てに関わる助言(基本的生活習慣・アレルギー・発達障害等に関わる連携等)
  • 保護者関連行事(保育参観・保育参加・個別面談・懇談会等)への取組
  • 入園・卒園・転園時の配慮
  • 虐待に関わる取組
  • 情報交換内容の記録・管理・職員間の共有
  • 保護者のプライバシー保護
  • 地域への子育て支援への取組(一時預かり・子育てサークル支援等)
  • 自らの保護者支援の質の向上に向けた取組
組織の一員として
  • 園の保育理念、基本方針の理解
  • 園の一職員としての自覚
  • 保育所に関わる法令等の理解
  • 年間事業計画づくりへの積極的参加
  • 規定・マニュアル等の整備・それらに即した実践
  • 財政面への関心と協力的姿勢
  • 中長期的な計画への関心
  • 園の広報活動への取組
  • 適切な業務実施と効率化(計画的実施・期限の遵守等)
  • 自分の役割の自覚と責任ある主体的判断・積極的取組
  • 園長・主任の役割・責任の理解と園長・主任への協力的姿勢
  • 職員間の連携・助け合い(報告・連絡・相談、役割分担、全体をみる視野、後輩の指導・育成等)
  • ワークライフバランス・職場の良好な人間関係(心身の健康維持・心のゆとり)のための取組
  • 研修に関する園の基本方針・計画の理解と研修への積極的参加
  • 園の自己評価・改善への取組に対する積極的参加・発言
  • 実習生の育成(ボランティアへの対応)への積極的取組
  • 地域住民のニーズへの関心
  • 基本的礼儀作法(来客者への対応)の習得
給食の献立一覧はこちら